魚屋で働いた理由

自分が一番大切だった

魚屋の事務の仕事が舞い込み、在宅でもいいと言われ、
それならばと、始まった魚屋の仕事だけど。


ほんのお手伝い程度のつもりが、1年も経つ頃には、
午前3時には起きて魚屋に行くようになった。


昼間の魚屋は、店売りが忙しくて、
落ち着いて事務が出来ないから、早朝に出勤して事務をした。


そして、一旦、家に帰って家事を済ませると、
また、忙しなく店売りの手伝いに魚屋へ行った。


その頃の魚屋は、猫の手も借りたいほどの忙しさで、
あっちに走りこっちに走りして、お客さんをこなすのが楽しかった。


不謹慎だけど、
お店屋さんごっこをしてるみたいにおもしろかったよ。




それから10年以上の月日が流れ、
勝手なもので、子供が自分から離れた今になって、
あの頃の自分を後悔してる。


二人の子供を、ほったらかしにしてまで、
あんなに魚屋のために働く意味があったのかな...。(*´ェ`*)


子供と過ごせる時間なんて、
自分の一生から見たら、ほんのわずかな時間なのに、
その貴重な時間を削る価値があったのかな...。(*´ェ`*)



凜太郎が生まれて、10年ちょっと、
どっぷり専業主婦を過ごしていた私が、
病院の栄養士さんたちと関わり合いながら仕事をしている内に、
何だか、自分が社会の役に立っているような気持ちになったのだ。


大して役にも立っていないのに、
自分が役にたっていると勘違いして、すごく嬉しくなったのだ。


笑えるほどの大きな勘違いをしていた。



子供が可愛いとか、子供が一番大切だと言いながら、
結局は、自分が一番大切だったのだ。





最後まで読んでくださってありがとうございます。
来たよのクリック 毎日1回 してくださると嬉しいです
                                             
ブログランキング・にほんブログ村へ    
          にほんブログ村

長靴で働くようになった理由 4

病院や施設に魚を納品してい
必ず、月末に金額の照合をしなければならない取引先が数件あった。


2001年12月31日も、やはり、金額の照合をするために、店売りを手伝っていたは、
午後3時を過ぎた頃、5階の事務所へ上がった。


椅子に座る、どっと、疲れを感じた。
背中が痛くて痛くて、息が出来ないほど痛かった。


そんなに痛みがあると言うのに、お店では痛みにも気付かず、
懸命に
働いていた。痛みに気付かなかった自分驚いた。


驚きながらも、痛みに耐えるため
しばらく、机に体を伏せた。


少し落ち着くと、金額の照合を済ませ、また、お店に戻って働いた。
閉店午後7時まで、働き続けた


そして、それから、事務の仕事をした。
終わって帰ったら、午後10時だった。
午前5時から午後1時まで、長い一日だった。


くたくたになって、家に帰ると、幼い凛次郎が、飛びついて来た。
あーあん 泣いて、私に抱き付いて来た。 。゜゜(´□`。)°゜。




最後まで読んでくださってありがとうございます。

来たよのクリック 毎日1回 してくださると嬉しいです
                                             
ブログランキング・にほんブログ村へ    


          にほんブログ村

私が長靴で働くようになった理由 3

私が魚屋の事務で働くようになったのは、11年前の9月末だった。


9月決算で、1年分溜めてた事務の仕事を何とかしなくてはなくて
とうとう、(社長の)奥さんのお尻に火が付き、
やっと、重い腰を上げ、事務員を雇ったらしかった。


1年分の仕事をまとめてするので大変だったけど、
仕事量が多くて大変なのではなく、めちゃくちゃで大変だった。


その年の暮れ、私は、奥さんに頼まれて、
初めて、店売りを手伝った。


どうして、その時、私は、断らなかったんだろう。


主婦の12月30日、31日がどれだけ忙しいか
誰を責めるわけにもいかない、自分の責任だ。



その時、11年後の今、
こんなに年末が来るのが憂鬱になるとは思いもしなかった。


あの頃は、毎日、二人の息子と生活できてるのが当たり前で、
年末に
家を空けても気にならなかった。


でも、子供たちが大きくなって、一緒に過ごすことが貴重な今、
年末の仕事がとても苦になっているのだ。



「ブリトロ」と言う半養殖の大きなブリが、年末のお店の看板商品で、
当時、不景気とは言え、まだまだ、
ブリが丸で(1本単位で)売れていた。


ブリは10kgくらいある。
とても、私ひとりでは抱えられないくらい重かった。
片身でさえ、重くて、大変だった。


棚に並んだブリを抱えて、魚屋の)お兄さんに渡し捌いてもらい、
また、捌いたブリを、お客さんに渡す。
アラも付けて渡すので、捌いてもらっても、まだまだ重かった。


私は、一日中、休みなく、重いブリを抱えていた。
ものすごい肉体労働だった。



その年の年末、私は、息が出来ないくらい背中が痛くなった。



最後まで読んでくださってありがとうございます。

来たよのクリック 毎日1回 してくださると嬉しいです

                                             
ブログランキング・にほんブログ村へ    
          にほんブログ村

私が長靴で働くようになった理由 2

魚屋さんのお店があるビルの5階が事務所だった。
そこで、私は、もう一人の事務員さんから仕事を教えてもらっていた。


すぐに、事務所の電話にも、当然のように出ていた


そんなある日、私はすごい経験をした。
抵抗なく電話に出ると、すごい剣幕で、まくしたてられたのだ。


電話の相手は納品先の病院の栄養士さん。


伝票が2枚、来てるんですけど」 (`Д´) 


入ったばかりの私は事情も分からず、
を怒っているのかも呑み込めなくて、私は言った。


「お店に行って確認してみます」


すると、さらに、怒涛の勢いで叱咤された。


「2枚もあるわけないでしょ
 ...$%&#!!!
1日1回しか納めはありませんから
...☆*+∥#!
あなたね、新しい事務員さん?
ちょうど、よかった
 なら言っけどね
」 (`□´)


「.....。」 Σ(゚д゚;)


と、まぁ、そりゃ、すごかった...。 


台風と雷と地震が一度にやって来たようだった。w(*゚o゚*)w


後で分かったことだけど、
この栄養士さんも問題方だったらしい。


でも、それ以上に、
罵声を浴びせられても仕方のない魚屋だったのだ。


そのことを、私が分かるのに、大して時間は必要なかった。



最後まで読んでくださってありがとうございます。

来たよのクリック 毎日1回 してくださると嬉しいです
                                             
ブログランキング・にほんブログ村へ    
          にほんブログ村

私が長靴で働くようになった理由

それは、突然だった。


専業主婦の私に、思い掛けない、魚屋さんの事務の仕事が舞い込んで来た。

9月中頃、まだ、残暑も厳しい頃のことだった。


当時、4歳の凛次郎(次男)は、保育園ではなくて幼稚園に通っていて、
働くのはとても無理だと思っていた。
そしたら、家で事務の仕事をしてもいいからと言ってもらえて、
在宅勤務でもいいのならと、させていただくことにした。


魚屋さんは病院や老人施設など20か所くらいに魚を納めていた。
一月の売り上げが数千万、その売掛けの事務が私の主な仕事だった。


在宅と言う約束だったけど、成り行きで、毎日、魚屋さんに通うようになった。
小さな凛次郎を連れて行くと、よく、「おしっこ おしっこ」と言って、私の手を煩わせた。


事務所はお店の5階にあって、1階のお店と5階の事務所を、よく行ったり来たりした。
エレベーターを待つ時間が惜しくて、階段をよく走った。


でも、病院の納めの事務は、現場に直結したお店にいる方が効率がよくて、
次第にお店で事務をするようになった。


金庫のそばのカウンターを机代わりにして、
魚の血や汁が飛ばないようにスチロールで囲った。
スチロールは魚が入ってたものをきれいに洗って使った。
ちょっとした、私の部屋みたいになった。


お店に出ると、店売りまで手伝うようになった。
事務の仕事しかしたことのなかった私は、この販売の仕事が物珍しくて楽しかった。
とても失礼だけど、「お店屋さんごっこ」みたいで、すごく面白かった。


当時、お店は猫の手も借りたいくらい忙しかった。


なにせ、私が社員と思って、バレンタインデーにチョコレートを上げたおじさんは、
取引先の冷凍屋のおじさんだった。


冷凍屋のおじさんが、毎日、売り子をしていたのだ。 w(*゚o゚*)w

そのくらい、忙しかったのだ。


こうして、私は、長靴を履いてお店で働くようになった。
そして、それは、ピンクの長靴だった。始まりはピンクの長靴だった。
                
                        



最後まで読んでくださってありがとうございます。
魚屋のおばちゃんの私に応援のクリックをしてください
                           
ブログランキング・にほんブログ村へ    

ギャラリー
  • 今夜の一品 ♡チーズポテト♡
  • 今夜の一品 ♡チーズポテト♡
  • カフェバーク(CAFE BARK) 行って来ました♪
  • カフェバーク(CAFE BARK) 行って来ました♪
  • カフェバーク(CAFE BARK) 行って来ました♪
  • カフェバーク(CAFE BARK) 行って来ました♪
  • いちご♪ 
  • いちご♪ 
  • 腹心の友♪