卒業式の後のお食事会で.....

感動の卒業式が終わって、
お祝いのお食事会で、
私は凛次郎から思い掛けない話を聞いた。


それは、
ゼミやインターンシップの応募の動機についてだけど。


「小学生の時にクラスの揉め事から嫌がらせを受けて、
その時、家族を守りたいと思ったから」


そんなことを、
大学3年にも4年にもなって、
純粋だけど子供じみたことを正直に書くなんて、
びっくりした。


でも、私はすごくすっごく嬉しかった。


凛次郎が小学校5年生の夏休みのことだった。


凛次郎がクラスの揉め事に巻き込まれて、
私はひとり悩んでいた。
ひとりでずっとずっと考えた。


凛次郎は、私を心配そうに、
そばでずっとコブクロの「蕾」をピアノで弾いていた。


私は陰で保護者に根回しをするような卑怯な手は使わずに、
正々堂々と皆の前で真実を語ったけど、
陰では私に味方をしてくれても
正面から私に同意をする保護者はなくて、
とても孤独だった。


結局、その時の学校の対応に不信感を覚えた私は、
凛次郎を転校させることにした。


次の学校は、山の高い所にあった。


車で送り迎えをするのに、
迷惑を掛けずに、安全に、
車の乗り降りさせる場所を私は一生懸命探した。


お盆を過ぎた真夏のことだった。


教師に対する悔しさ、
ずるい保護者達への腹立たしさ、
私は汗と涙で顔をくしゃくしゃにしながら、
山道を登ったり下りたりした。


あの時の涙は誰にも分かってもらえないと思うけど、
今でも思い出すと心が泣く。


でも、
凛次郎が弁護士を目指す理由が未だ変わってないと知って、
あの時の涙は無駄にならない気がした。


凛次郎が弁護士になりたいと思ったのは、
名誉やお金みたいな、
そんな安っぽいもんじゃないのだ。


嫌がらせをされて、
おばぁちゃんまでをも困らせて、
大好きなおばぁちゃんを助けたいと思った、
小学5年生の純粋無垢な気持ちなのだ。


弱い人を助ける弁護士になって欲しいと、
本当に心からそう願った。


そして、お母さんは、
「蕾」の中のお母さんのような女性になれるように頑張るね。


卒業式♪

P1120456

ただの記録です。
どうぞスルーしてくださいね。
    (上の写真は前日の大学院の卒業式のものです)

IMG_0296

11時15分
安田講堂内の卒業式の模様です。

保護者は御殿下記念館ジムナジアムで
大型プロジェクターで放映されたものを視聴します。
(それで画像が曇ってます)

IMG_0297

総長告辞です。

スラスラスラスラ、本を読むみたいに話されてて、
全部、暗記してるのかなぁ~、すごいなぁ~
って思いながら聞いていました。

IMG_0301

思えば、あっという間の4年間でした。


引っ越しをすませて、
渋谷の銀座ライオンで最後の食事をして、
私が泣きながら別れたのが、昨日のことのようです。


家を離れてひとりでの生活は、
さぞ、大変やったやろうなぁ...
1年生の9月、
病気になって、ひとりで不安やったやろうなぁ...
って思ったら、泣いてしまいました。

IMG_0344

12時30分
式が終わって安田講堂の前に来ると、もうすごい列!
安田講堂の前で写真を撮る親子がすごい行列!


よそのおうちのお子様はお利口さんでいいなぁ。
凛次郎も来てくれたらいいのになぁ。


そう思って、恐る恐る電話をしたら、
来るって~!! やったぁー!! ばんざーい!!


そしてね、凛次郎に、
「おめでとう ...よく、がんばったね」
って言ったら ...涙が出た。

DSC_0089

私は、手にはiphoneを、
首には、この日のために買った一眼レフをぶら下げて、
まるで、中〇人みたい、きゃはは


仲良しのお友達とも会えて、ご挨拶できて。
そしたら、すっごく感じよくて、
すごい幸せな気持ちになったよ。


こんな素敵なお友達と一緒に過ごせてたんだね。


それから、クラス写真まで頼まれて、
予想外の展開にめちゃめちゃ嬉しかった。

IMG_0315


もうね、おまつりのような人、人、人。

 
IMG_0381

13時30分
法文1号館25番教室で、
法学部学位記伝達式がありました。

テレビで、センター試験の模様が写しだされる、
あの教室です。

IMG_0392

凛次郎は、
ほとんどこの教室で講義を受けてたらしいんやけど、
「こんなに人がおるの見たことない」
って言ってました。(笑)


講義受けないって言うか、
学校来ない学生が多いんかねぇ?(笑)

DSC_0111

学位記伝達式が終わって外に出ると快晴!


あっちでもこっちでも撮影大会!
凛次郎もクラスやらゼミやらサークルやら、
色々な友人と写真に忙しそう。


私も、凛次郎を撮りまくり~。
まさに、パパラッチ!

DSC_0120

嬉しかったのは、
凛次郎がいつも友達の輪の中にいて、
にこにこ、にこにこ、ずっとしてたこと。


そばにはいつも友人がいて、
凛次郎の笑顔が絶えなかったこと。

DSC_0113

16時を過ぎても、大学との別れを惜しむように、
大学を後にする学生も親も少なくて、
ずっとずっと、多くの人たちで賑わっていた。


私も凛次郎が過ごしたこの地に
ずっと思いを馳せていた。


とってもとってもいい卒業式だった。


さて、次は、お楽しみの食事です。





卒業式してるのにドトールでコーヒー


IMG_0269

3月26日は、凛次郎の卒業式でした。


事情がよく分からないので、
早めに行ったら、早過ぎた、あはは。


それで、
ドトールコーヒーで待ち時間をつぶすことにしたの。


そしたら、
そこで思わぬ素敵な出会いがありました。

「ドトール 東大」の画像検索結果
                                              (画像をお借りしました)

隣の席には、アカデミックガウンを着た男子学生と、
スーツ姿の男子学生がいて、二人は話が弾んでいて、
男子学生たちの会話が聞こえてくる。


「本当、よかったよ~。
 年取ったのがいて、よかった。」


年取った?えっ?って、となりを見たら、
スーツ男子と目があったの。


そしたら、ニコって照れ笑いを浮かべて、
「僕たち、26歳なんです」って言うの。
「7年も大学にいました」って、
自分に呆れてるような感心してるような感じ、あは。


えっっっーーーー!!!ってびっくりしたけど、
私は、おくびにも出さずに (出てたかも、あは)
「そうなの? でも、ちっとも分からんよ。
 私ぐらいの歳になったら、22も26もおんなじ同じ」


「就活じゃぁ、
会社の人にはめっちゃ分かって突っ込まれましたよ」
な~んて、スーツ男子が笑いながら言ってくれるんで
4人でガハガハ笑っちゃった。


「僕たち、1年生の時同じクラスで、
同じサークルにも入って、意気投合してたんですよ。
それが、今日、5年ぶりに出会って。
あー、僕がはじけちゃって...。」

って、スーツ男子が言うと、アカデミック男子が言うの。

「彼がフェードアウトしちゃって、
てっきり、辞めてると思ってた」


「えっっっーーー!!!???
今日、5年振り!?
SNSとかあるのに、繋がってなかったの?」
と私が二人に聞くと、
二人ともSNSを嫌いでしてないんだって。


「卒業式に行ったら、
僕たち、もう、安田講堂に入れなくて。
じゃぁ、コーヒーでも飲もうかぁって」


コーヒーでも飲もうかぁって、
ガッツリ食べよるし、話もりあがっとるし(笑)
って思いながら、私は言った。


「えっ!? 入れんかった!?
 じゃぁ、今、卒業式してるの!?」

「はい、今、してます」

「卒業式の最中に、コーヒー飲んでるってこと !? 」

「はい!」

あはははは~ って、また4人で笑った。


卒業式は一部と二部に分かれていて、
一部は理系、二部は文系の学部で、
彼らは一部だったの。


「でも、エラそうにしてる学生さんもいるけど、
あなたたちは頭が低くていいなぁ」
って私が言うと、
「えっ?そんなのいるんですか?
僕たち頭低いですよ、下級生に頭低いです~。
単位くださ~いって頭低いよね~」

また、4人でガハガハ笑った。


でもね、
7年間の大学生活は、
これからの生きる力にきっとなると思うよ。


生の声を聞けて、私は、
これだけでも卒業式に来た甲斐があったと思った。


そうそう、ふたりともすっごくイケメンでした。
卒業式に素敵な思い出を作ってくれてありがとう。



さて、次は凛次郎のまき~っていつになるやら。
でも、早く書かんと、また忘れちゃうよね、あは。

ギャラリー
  • 卒業式♪
  • 卒業式♪
  • 卒業式♪
  • 卒業式♪
  • 卒業式♪
  • 卒業式♪
  • 卒業式♪
  • 卒業式♪
  • 卒業式♪